様々な機能を搭載されているposシステムを徹底解説

システムnavi

posシステム時代

これまで金銭を出し入れするのはレジスターでしたが、最近はposシステムに変わりつつあるのです。これにposシステムを導入することで得ることができるメリットが数多くあるからなのです。

posについて

posは日本語で販売時点情報管理と訳されます。お客様から受け取った現金やクレジットカード、電子マネーなど商品を販売した時点の情報を取得し、管理する仕組みを搭載したものをposシステムといいます。このposシステムを導入することで、様々な情報をすぐに手に入れることができるのです。

posって何?

女性

売上分析

posシステムでは、商品を全てスキャンすることでその商品情報をデータベースに登録し、管理します。そして、売上日報をデータとして保存することできるのです。さらに、その他の機能と連携することでマーケティング戦略を立てることができるのです。

在庫管理

日々の在庫管理から、棚卸までを一括で管理する機能になります。会計情報と在庫情報が連動して、自動的に在庫数が更新されます。入出庫情報や、複数店舗の在庫を一元管理するもできます。

勤怠管理

店舗の従業員やアルバイト・パートなどの出勤退勤の登録を行う機能が付与されています。勤怠管理ができ、さらに勤怠給与システムまで搭載されているので、計算がとても楽になるのです。

顧客情報登録

顧客情報登録機能は顧客がいつ来店して、どの席に座って、何を頼んでいたのかといった情報を固定情報として、登録する機能になります。これを活用することで、次回来店におもてなしをするといったこともでき、顧客満足度の向上施策として導入することができるのです。

オーダー管理機能

飲食店でのオーダーエントリー業務に最適化された機能になります。タブレットやスマートフォンなどで実施されることが多く、作業効率を上げることができるのです。